News
    緑のカプセルと瓶

    ジスロマックはアジスロマイシンを有効成分とする抗生物質です。
    ジスロマックはニューマクロライドと呼ばれる新しいタイプのマクロライド系の抗生物質として知られているものであり、グラム陽性菌、グラム陰性菌、嫌気性菌、非定型菌などの幅広い感染症に対して高い治療効果を発揮します。
    その効果の特徴となっているのが持続性であり、基本的には1日1回、3日間の服用によって2週間程度の間、抗生物質としての作用を発揮し続けることができます。
    適応症も多く、様々な感染に伴う炎症の治療に用いることができるようになっているのが特徴です。
    持続性で患者が飲み忘れをする心配も少ないというメリットがあり、世紀クラミジアによる尿道炎や子宮頸管炎では1回の服用で治療できることが多いことから使用頻度も高くなってきています。
    そういった際に副作用が問題になる薬が多いものの、ジスロマックは比較的副作用が少なくて使用しやすいというメリットがあります。

    胃腸症状として吐き気や胃痛、下痢が比較的よく起こる副作用として知られているものであり、症状がひどい場合には医師に相談するように推奨されています。
    また、粘膜ガン症候群、血液障害、肝障害、不整脈、腎不全、大腸炎、横紋筋融解症といった重篤な副作用もまれに起こることが知られているのも事実です。
    一度投与すると持続的に効果が発揮されてしまうことから注意をしておくことが大切になります。
    何らかの症状を実感してしまったときにはできるだけ早く医師を再受診するようにすることが安全に使用していくためには欠かせません。
    持続時間が長いことはメリットでもありデメリットでもあることは留意が必要な点となっているのです。

    ジスロマックは病院で処方箋をもらって薬局で購入するのが一般的ですが、ジスロマックは通販から購入可能な為、ネットで注文する人もいます。
    日本ではまだ認可が下りていない為、通販で購入できる医薬品は限られていますが、海外からの個人輸入を代行している通販サイトであれば、Amazonや楽天市場で商品を注文するのとほとんど変わりありません。
    病院へ行く手間もかからず、通販は価格が安いため利用している人も少なくありません。
    抗生物質であるジスロマックは適応症状も1つではありませんので、症状が完治して使わなくなったとしても他の症状で使うこともできるため、損はしないと思います。
    ただし、その場合は薬の使用期限は確認したうえで使用しましょう。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    人気記事一覧
      最近の投稿
        アーカイブ