• ホーム
  • 赤ちゃんに支障が生じないジスロマックで対策

赤ちゃんに支障が生じないジスロマックで対策

ジスロマックは、赤ちゃんに対しても利用して良いと言われるほど、身体に対して負担をかけない薬です。
一般的な薬に比べ、身体に負担がかからない理由は、一度服用すると一週間も効果が続くためです。
一般的な薬のように、1日のうちに何度も服用する必要が無い上に、食前や食後など服用するタイミングも定められていません。
一度服用するだけで手間が省けますし、何度も購入する必要が無いので、金銭的負担を感じることもありません。

報告されている副作用も少ないため、不安を抱くことがないというのも特徴の一つです。
そもそも、ジスロマックというのは細菌が起因になっている感染症に効果的な薬です。
そのため、医療機関においてもクラミジア対策として用いられているほどです。

今日、話題になることも多いマイコプラズマという細菌に対しても効果があることがわかっています。
ジスロマックは、副作用のリスクが低いことで有名な薬ではあるものの、全く副作用が報告されていないわけではありません。
報告されている副作用の症状としては、腹痛をはじめ下痢や発熱、嘔吐があります。

事例からわかるように、消化管症状がメインと言うことができます。
こうした副作用が報告されている理由は、抗生物質が下痢になりやすいという特性を持っているためです。

妊婦が服用しても、母体や赤ちゃんに対して全く問題無いほど安心できる薬です。
ただし、生じる副作用が強いと感じる場合は逐一医師に相談するようにしてください。
さらに、副作用が少ないとはいえ、全く用法用量を意識しないで飲み続けるのは危険です。
こうした点から、必ず決められた用法と用量は厳守するように心がけましょう。
そして、説明書にも目を通してください。

関連記事