• ホーム
  • 法律で許可されてるジスロマックの個人輸入と飲酒

法律で許可されてるジスロマックの個人輸入と飲酒

心配している女性

ジスロマックは主におおよそ90%以上の高確率とされる特効薬としてクラミジア感染症に使われるほか、マイコプラズマ肺炎や歯周病の化膿止めなどとして幅広い用途で処方される抗生剤でもあります。
またジスロマックは個人の使用に限っては法律的にも通販やネットでの購入による個人輸入が許可されている上に、最近ではジスロマックジェネフィックも販売されていてより身近な存在にもなっているほどです。
特にクラミジア感染症は性器の性病の一種というデリケートな面もあるので、病院での処方を待たずに自宅で手に入れることのできるネット通販での個人輸入をされる方も少なくないのが現状です。
そんな身近なジスロマックではあるものの服用に関しての注意点がいくつかあります。

一般的に知られているのがジスロマックの有効成分が3日間継続服用により、1週間~10日ほどの長期間作用するという点です。
また服薬方法や処方が一般化してきていることによってその手軽さゆえに、飲酒した後に服薬しても大丈夫という認識を持っている方も多いほどです。
どんな薬でも有効成分の作用の支障や副作用を引き起こす要因にもなるので、飲酒後の服用は控える事が大切です。
ですがジスロマックの有効成分は細菌などを殺菌する有効成分が飲酒によって影響を及ぼすことがほとんどないのが特徴的でもります。
ですが通常のジスロマックにも見られる「下痢」などの副作用が飲酒後の服用によって、強く症状として現れる可能性が高くなります。

またクラミジア感染症の治療薬として服用する場合は、大量の飲酒後の服用によってクラミジア感染症の症状を悪化させる可能性もあります。
当然のことではありますがどうしても飲酒しなくてはいけない場合のみ、少量の飲酒を守りきちんと服薬することが重要です。

関連記事
人気記事一覧
アーカイブ